スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20150927 キノコ

先日旅行先の道の駅でキノコを買って帰った。
実は買ったときに売る側にちょっとしたもたつきがあった。

レジ打ちしてもらっていると写真1左上のキノコの袋を売り場のジモティーのおばちゃんがより分けて困惑した顔で言うには
「これはコータケ以外の別のキノコが紛れ込んでいるそうなので
今キノコに詳しい人がいるから選定してもらうから」
だ、そうで。
つまり袋一杯で500円で売られていた「コータケ」とやらの中に
うっかり別のキノコが紛れ込んでいたらしい。
「コータケ」によく似た別のキノコの名前は「ケロウジ」というそうで、
これが苦くて食べられたものではないらしい。
ちなみに毒はないのだとか。
だがしかし選定をした「キノコに詳しいおじさん」が言うには
「でもこの苦味が酒飲みにはウケるんだ」とな。
わっちゃあ酒飲みだ(と人に思われている)がわっちの味覚は
「お子様仕立て」であり、苦いものがとても苦手。
コーヒーもビールもあまり得意ではない。
ゴーヤ食べられない人として周りの方々にも正式認定されている。
よって、そんなキノコは無理である。
結果より分けられた「コータケ」を買って帰ることにしたが
元もとの袋詰めの4分の1ほどの量であり(価格は200円になってちょっと割高感が。。。)
実に4分の3は「苦味の利いた渋いやつ」だったようだ。
おそろしいな、オイ。
選定に時間を食ってしまったのでレジのおじーさんが言うには
「我々も責任があるからね、きちんとしたものでねぇと売れねぇだ」と。
そりゃあそうだ。下手するとキノコは命に関わるでな。
でも、売り場に並べちゃう前にそういうチェックをしておかないと駄目じゃんなー。-とは思ったが一件落着したので黙っていた。

んで、先ほどお昼にラーメンを作った。
私の食べるラーメンはネットで取り寄せの無かんすいラーメンなのだ。
ラーメンのかんすいアレルギーなのでこちらは好き嫌いに関わらず
食したら場合によっては「死ぬ」ので「苦いからどうこう」の問題ではない。
それで今回は野菜たっぷりのあんかけをかけてラーメンを作った。
「そうだ」と思い、野菜あんかけに先日購入した「コータケ」を投下した。

だがしかしラーメンをひとくちすすって娘の言うには

苦いよッ!!

んあ?と思い食べてみると

にげぇもいいとこすっとこどっこい!!!んがーーーーーーーー!!

の、お味なのだ。
こ、これは、「こーたけ」として選定されて手渡されたものが間違いでこれこそが
「苦味の利いた渋いやつ=ケロウジ」君だった!のではないのかね???
この苦味が半端なく、ただ2枚を大量の野菜炒めに仕込んだだけなのに
すでにどんぶりの中は「苦いなんてもんじゃないよ!」の味に侵略されている。
素直なお味の醤油ラーメンが漏れなくゴルゴ化している。
急いでキノコを取り避けたが麺も野菜もお肉もスープももれなく「苦みばしった奴」なハードボイルド化している。あまりの苦さに食べた方の顔がもれなく劇画化する。
蔓延力強っ!しかも即効性ありすぎる。

もうこれはキノコを退けても「味覚がすこぶる大人」しか食べられないお味。
お子様舌気質の私ら親子には無理である。
「一部の人(主に酒飲み)」にウケているマニアックな苦きのこの破壊力を身をもって味わったわぃ。
私ら親子の食欲と期待を返して欲しい。
それからこの度犠牲になった「無かんすいラーメン3玉」もお返しいただきたい(貴重なラーメンなのに)。

それにしても、あぶないなぁ。
「これ変じゃね?」ってなってからの発汗量が半端なかったので
(あの信用できない茸爺の「毒はない」も信用できないのでは?)
と、心に冷や汗書いてネットで調べたが、やはり「苦い」だけで大丈夫そう。
これ本当に毒性がなくてよかったよー。
わざわざ選定した結果がこれである。
地元の人でもこうなのだから(しかも地元の人の信頼を勝ち得ている「キノコソムリエ状態」の人がこれをやらかすのだからキノコは本当に怖くて難しいのだな。
つい珍しいキノコが売られていると信用してほいほい買っていたが
ちょっと考えさせられる出来事であった。
やっぱり自分もよく見知っているキノコを買うのが無難な気がするわ。
(少なくともゴルゴにやられなくて済む。)
スポンサーサイト

2015 0730 オルゴナイト!

三角柱の綺麗なオルゴナイト。
占い師の灯璃先生にいただきました!(^^)/
灯璃先生とのお話(占い)とても楽しかった~♪

先日絵を奉納して神社から頂いたた大川上美良布神社のお札と共に
トラちゃんと一緒にアトリエのお守り~。

orugo.jpg

飾ったら早速シリーズ3作目の文庫本カバーのご依頼の電話を頂きましたよ♪

続きを読む

20150716 やっちゃんと言うお友達

昨日やっちゃんが、仕事の思考でとても大切な指針をくれたなぁ。

やっちゃんとは本当によく気があうし、考え方も似ている所があるし
気安く話して、従兄のお兄さんのような人である。
未熟な私に物事の道理をいつも的確な言葉で噛んで含めるように教えてくれる。
言い方も私が受け入れやすいようにとても大人の言い方をしてくれる。

やっちゃんを見ているとこの人が偉くなるのがよく分かる。
「やっちゃんは随分偉い人になってきたけれど、きっと、もっとどんどん偉くなる」
と言う、私の「偉く」と言う表現には苦笑いをしていたけれど。
どんなに売れっ子先生になって、忙しくなっても偉くなっても、
業界の中で私との友達関係が不釣合いに成っても(すでにそうだと言われているがw)
でもって、そう人から指を指されても(私は多分偉くなれないと思うしw)
やっちゃんはきっと、回数は減るかもしれないが
お酒を一緒に飲みながら、大切な事を教えてくれる人なんだと思う。

少し前に、やっちゃんがくれた言葉がある。
この言葉は私に勇気をくれる。今でも。

「あなたの事を好きな人も嫌いな人もいるけれど
俺が思うには、あなたのよさはその天真爛漫さにあるのだから
人はどんな事をしても批判してくる人は必ずいるものなのだから
あなたはそのままでいけばいいんだよ」

私はよいお友達にしんそこ恵まれていると思う。

20150713 寅さん展やっております。

あーぢー。

こうも一気に暑くならなくても良いではないですか~。
お陰で体調崩しましたよ~。
今日はもう通常仕事していますけれど
昨日は一日昏々と寝ておりました。

さて話し変りますが柴又の寅さん記念館で「寅さん展」12日~8月4日までやっております。

寅さん展

粋なねぇちゃん立小便!←よりによって何故そこを抜粋する。←暑いからだ。←理由にならん。

皆さん見に来てね~。

11692713_707603792677670_6785918620598485144_n.jpg

20150704 予定詰まってます~

明日は実家の親が来るそうだ。

娘(←わたくし)がせっせとエロを描いている最中にヾ(-`ω´-o)ゝ。
プロフィール

みーや

Author:みーや
主に時代物、時代官能系を描くイラストレーター。
ペンネームは「とやまみーや」

仕事の様子など、普通に日常の日記や漫画。
A型なんだけれど生き様はほぼアバウトなのだ。
なので日記の更新も、アバウト……。

三浦誠衛流居合道3段
江戸検定2級

日本文芸家クラブ理事
日本出版美術家連盟会員
日本漫画家協会会員
歴史時代作家クラブ会友

とやまみーやのホームページはコチラ
(リンクからもどうぞ!最近更新してないですけど・汗)
http://omiyaepiqri.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。