スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すまのうら

手術してからこっち、
「なんだか雰囲気変わったね」
って会う人に言われる。その確率たるや90%。
「憑き物が落ちたような落ち着いたような」と言われるのだ。
ワタシの子宮は憑き物かいなwと思いながら
自分でも変化の自覚がある。

前ほどガツガツしていないというか焦っていないというか
妙な具合に「諦観」みたいなものが備わったような。
無駄なあがきをしなくてもなるようになるだろう
死ぬときゃ死ぬし焦って生きる必要もなかんべぇ、と。
もうちょっと運命の流れみたいなものに、信じて身を任せてもいいのではないかな。
この落ち着きがいつまで続くかは甚だ疑問だけれど。

とは言っても思考の問題だけではないと思う。
まだガツガツできるコンディションでないことも影響しているらしい。

面白いのはリハビリ散歩で、春の訪れを喜ぶ虫たちを写真に収めるときに
今までは誰よりも早く小さな虫を見つけたし、気配を消して
限りなくカメラを虫に近づけて接写できたものが
(カメレオンだったら毎日がウハウハの生活ざます)
虫を見つける能力がガクンと落ちて、気配を消してターゲットに近づく前に逃げられる。
虫を追いかけては逃げられ、墓場のカラスを追いかけては逃げられ(虫じゃないけど)
ピンボケの写真だったりカラスが飛んだあとの墓石だけが虚しく写っていたりする。
だから昨日の墓参りでカラスを撮ろう、な写真はただの「墓場マニア」の写真みたいになった。
好きです、墓場。みたいな。鬼太郎かよ!げげげのげ。

どうも体が治癒に精一杯でそれ以外のことに能力が回らないらしい。
人体の不思議ってすごい、と思いながらちよっとため息。

さてげげげの写真はまだいい。
困るのは全般に集中力が格段に落ちていること。
まるで私の集中中枢は子宮にあったのではないかと思うほど、
つか「みーやのマザーコンピューターは子宮だった!」疑惑が沸くほど
(萎える疑惑だわ。人としてどうよ?と思う。)
兎も角私の辞書から「子宮」と「集中力」と「持続力」が消えちゃったのよ。

うーん。これじゃ仕事にならない。術後しばらくはこういうものらしいけれど。
という事で、「あるがままに生きよう」と思うようになったとはいえ
ここに来て流石にちょっと困ったり焦ったりしている。
極楽とんぼでやっていけるほど仕事の世界は甘くないじゃないですかー。

段々と須磨に流された源氏の君の心境になってきたことよ。
(諸君お分かりか?自分ではよくわからないことを書いたと思うが)
まぁとにかくこのようになっては粛々と日々を過ごさざるおえず焦っても仕方がないんだけど
でもやっぱり早く都に帰りたいよー、な気分。そんな感じ。
心はすっかり都落ち。たゆたうのもいい加減にしたい。


おかげで
「脱・都落ち!・取り戻そう集中力・子宮に頼るな!キャンペーン」
と言う変なキャツチフレーズが自分の中に湧いてしまった。
こんな人として価値観を問われるようななキャッチフレーズなんかより
「集中力」と「持続力」と「想像力」が泉のように湧けばいいのに。
やっぱり「ブレーキがヌッ壊れている」と言われようとも本来の自分に戻りたい(周りの人にはこのまんまの方が良いのだろうけどw)。
完全回復するあと2ヶ月はこの調子かもと思うと
心はすっかり「クサる源氏」である。

*どうでも良い余談ですが
「須磨の浦」を検索してみたら

1.すま‐の‐うら【須磨浦】-日本国語大辞典

〔名〕(「すま」はマスターベーションの略語「マス」を逆にした語からか)手淫をいう、不良仲間の隠語。〔隠語構成様式并其語集{1935}〕

だ、そうな。
面白いので載せておく。←シモネタクイーンなのは変わらない。
スポンサーサイト
プロフィール

みーや

Author:みーや
主に時代物、時代官能系を描くイラストレーター。
ペンネームは「とやまみーや」

仕事の様子など、普通に日常の日記や漫画。
A型なんだけれど生き様はほぼアバウトなのだ。
なので日記の更新も、アバウト……。

三浦誠衛流居合道3段
江戸検定2級

日本文芸家クラブ理事
日本出版美術家連盟会員
日本漫画家協会会員
歴史時代作家クラブ会友

とやまみーやのホームページはコチラ
(リンクからもどうぞ!最近更新してないですけど・汗)
http://omiyaepiqri.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。