スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼聖路加病院



「聖路加で気をつけなければいけないのは『大部屋で』と言わないと個室に入れられちゃいますから、そうすると差額ベッド代が大変なことになりますからね、そこだけ気を付けてください」

と、地元の担当女医様に言われ、なおかつ、「聖路加って皇室や政治家、芸能関係の人が入院するところでしょう?高いんじゃないの?」と周りの皆様に突っ込まれるも「大丈夫、大部屋にしてもらうから!」と答え密かに大部屋の牢名主の地位も狙いつつ、昨日目出度く聖路加への初上陸を果たした。

聖路加での診察もやはり「手術」という事で子宮全摘という事に相成った。
そこで

「大部屋で!」

とキリリと申すも聖路加の先生は

「あー」

と冷めた目で

「うちは全室個室なんですよねー。保険の利く部屋のお約束はしていないんですよー。なので個室代1日最低31500円はかかりますよー」

とな。
……駄目じゃん、牢名主になれないじゃん!
いや違う、一日3万円だとぅ〜!?一週間の入院では保険の利かないベッド代だけで22万円も吹っ飛ぶではないか!その他に入院手術代がかかるのであるからして、それぁえらいこっちゃ!である。
容赦ないな、天使の病院。
天国(入院)の沙汰も金次第、アーメンもいいとこだ。

ちなみに、31500円はスタンダードタイプの部屋で最高は105000円のお部屋だそうな。それで、先生の「空いている部屋に入れるから」というお言葉におののきつつ、「入院概算案内」でその不安を訴えると係りのおねーちゃんに
「それは大丈夫です、スタンダードの部屋は249室あるのに対してそこから上のクラスの部屋は各10室〜3室程なので(特別室は30室)、逆に予約が一杯で簡単に取る事ができない状態です。」ですって、なるほど、これはもう庶民には思いもつかぬ現象である。おそるべし!聖路加ハイソサイティー!


さて、お金に羽が生えて天使になって飛んでいく危機に立たされた訳だが
他の大きな病院だと、どこも予約が一杯で手術までに1年半〜2年半待ちはザラだと聞いているので、聖路加だと時期を待たずして来年の二月には手術を受けられるというメリットは大きい。(流石にお高いベッド代のおかげで他より空いているのだと思われるが)。
だからといってこのお代は高すぎる。流石に独りでは決められない。
(つか無理に近いだろ)
帰宅後家族と相談して来週返事をする段取りをつけて診察を終えて

「とんでもないことになりまして」

と旦那に電話。
だが旦那は話を聞いて即決
「仕方がないね、お金出すから聖路加でやってもらいなさい」と。
ええっ?いいのかダーリン。
毎度思うが旦那はつくづくと私に甘い。
「甘い」に関しては周りの方からも都度
「なんで旦那さんはみーやちゃんにそんなに甘いの?(悪妻なのに←ココが重要らしい)」
と言われるが、私自身も皆目ワカラン。
思い当たるフシがあるとすればそれは私がきっと可愛ら……←爆撃受けそうなので以下自粛。
とまれ、旦那の鶴の一声で勿体無くも聖路加にご入院あそばすこととなった。

さてこうなると、入院代も旦那の管理している貯金から出ることだし
3万円の個室なんて滅多に体験できないのであるから脳天気に楽しみになってきたわけで(旦那の心悪妻知らず)。
うーん、三万円の個室ってどんなんだろうね。
レースのカーテンとか天蓋とかあるのかなー?←ないと思うけど。
もれなく天使がついてくる、とか?←そのまま天国に連れて行かれるのはイヤだが
子宮筋腫の内視鏡手術なんて大した手術ではないらしいのでもとからあまり心配しておらず、ちゃっちゃと終わらせていただき、ハイソな入院生活を楽しむでございます!ーなどと余裕ぬっこいていた訳だが

昨夕居合の飲み会で元看護師さんの官能作家君に
手術の麻酔の話やら術後の様子を伺いクールダウン。
術後痛いわ辛いわで手術はやはり手術ということらしい。
サクッと手術を終えて、天蓋付きのベッドに横たわり、天使の運んだお紅茶を飲みながらオホホと笑いさざめくイメージはもろくも崩れた。
何より、麻酔が切れかけた時に時々起こるという「うわ言」が何より心配である。
無意識時の自分の言動、暴れたりあらぬことを喚いたりが予測され
ものすんごくキケンな気がするのだが。←私シモネタクイーンだからな。
ハイソな日当三万円の部屋に私の剣呑なうわ言が響く日も近い。

神よ迷える子羊を救い給え。

アーメン。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【嗚呼聖路加病院】

「聖路加で気をつけなければいけないのは『大部屋で』と言わないと個室に入れられちゃいますから、そうす

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みーや

Author:みーや
主に時代物、時代官能系を描くイラストレーター。
ペンネームは「とやまみーや」

仕事の様子など、普通に日常の日記や漫画。
A型なんだけれど生き様はほぼアバウトなのだ。
なので日記の更新も、アバウト……。

三浦誠衛流居合道3段
江戸検定2級

日本文芸家クラブ理事
日本出版美術家連盟会員
日本漫画家協会会員
歴史時代作家クラブ会友

とやまみーやのホームページはコチラ
(リンクからもどうぞ!最近更新してないですけど・汗)
http://omiyaepiqri.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。