FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20150320 歯医者復活せん


歯医者さんは嫌いじゃない。
寧ろ好きかもしれない。
治療中も割りとリラックスしている。

先日なんて治療中に歯を削られながら寝ちゃって、
がっ❗って、自分のイビキで目が醒める、というのを数度繰り返しちゃったよ。(ノ´∀`*)

って、旦那に話したら、
「歯を削られながら寝るって、
お前は何てツワモノなんだ‼(((((゜゜;)」
って、大真面目に言われたけれど

いや、そっちじゃなくて
重篤な睡眠障害の方を疑って欲しいんですけど。
われながら幾らリラックスしていると言ってもちょっと変だよなー。
と、訴えたかったのに。

ちなみに妹にこの話をしたら、妹も寝ちゃうんだそうだ。
血族の不思議。なんだかなぁ。。。。。。

歯といえば

15年程前に親知らずを抜いた時の話。
先生は初老の方だが「山下清が柔道している」ような体躯だった。
その先生がノミを手に横に立った時は

白衣着てノミを振り回して闘う謎のジャパニーズ柔道家(ごま塩頭)

として、アメリカのB級格闘系映画に出てくるキャラクターの如しであり
私はこれから起こるであろうファイトを想像し
いっそ気絶したい。と、思った。

ところが歯を抜きおわって気絶しそうになっていたのは先生の方だった。
治療を終えた先生は、ドサリと椅子に凭れると肩で息をし、ごま塩の頭は汗でキラキラと輝いていた。
荒い息の下から先生の仰るには
なんでも私の親知らずにはレントゲンに写らない程度の鉤先が歯にがっちり噛ませてあってちょっとやそっとの圧力をかけただけではびくともしないツワモノだったようだ。
それはレントゲンに写らず、気付いた時には後の祭りで麻酔切れにおののきながらの治療となった。(おののいたのは先生の方)
どうりで先生は私の頭を抱え込み、とりつかれた仏師のように一心不乱にノミをふるっていたわけだ。
当の私は先生の焦りが伝われば伝わるほど冷静になって、滅多に体験できない
頭蓋骨に直で響く重サウンドを面白がっていたぐらいである。
抜歯には一時間かかった。

3日後、病院から連絡があり、
先生が緊急入院されたので治療が当分できなくなったという。

まさかとは思うが、あの
謎のジャパニーズ柔道家(ごま塩頭)を
私の親知らずは倒したのかも知れないと思うと
先生のご回復を祈りながら、顎を撫でずにはいられない自分であった。

で、と言うわけでもないのだけれど、歯の入院騒動と言えば
わたくし、この6月に歯の治療で手術を受ける事になりそうだ。
なんでも歯根嚢胞という病だそうで

ウィキ参照  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AF%E6%A0%B9%E5%9A%A2%E8%83%9E

だ、そうだ(何だこの説明する気のなさ丸出しは)。

兎も角5日~10日入院して全身麻酔で手術だそうで。
退院後10日程でジムにも行ける様になるらしいのだ。
仕事は、退院したら直ぐ出来ます。出前迅速落書き無用。←何のこっちゃ。

兎も角歯は拗らせたら大変なのだよ地球の諸君(こじらせた私が言うか)。
ということで歯はきちんと磨きましょう。

最後に一つ、どうでもよいことであるが「しこんのうほう(歯根嚢胞)」と打ち込んだら「士魂農法」と変換された。
。。。。。。相当気合入っている感じがいいと思った。

頭蓋骨1


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みーや

Author:みーや
主に時代物、時代官能系を描くイラストレーター。
ペンネームは「とやまみーや」

仕事の様子など、普通に日常の日記や漫画。
A型なんだけれど生き様はほぼアバウトなのだ。
なので日記の更新も、アバウト……。

三浦誠衛流居合道3段
江戸検定2級

日本文芸家クラブ理事
日本出版美術家連盟会員
日本漫画家協会会員
歴史時代作家クラブ会友

とやまみーやのホームページはコチラ
(リンクからもどうぞ!最近更新してないですけど・汗)
http://omiyaepiqri.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。