FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20150522 大学病院のトイレの話

数回前の大学病院での検診の待ち時間にトイレに行った時の事。
三階の女子トイレは個室が三つあるが、平素ドアが閉まっている仕組みで
おまけに入室を示す青赤の表示が小さなぽっちで見えにくく分かりづらいので
確認の為にそっとドアの取っ手を引いてみた。
すると指先に抵抗が感じられてドアは開かず誰かが入っているのが分かったが
直ぐに中からぶつぶつとつぶやく老女の声が聞こえてきた。
それは小さな声だけれど聞き取りやすく
「なんだぃ、いきなり開けようとして失礼な。ノックぐらいすりゃいいじゃないか」
と、文句を言っている。
でもその文句はあくまでも独り言の態であり、大変攻撃的であり、なんつーかこう応答する余地がない、感じ?
で、まぁ呟きがけっこうえげつない感じだったので
こちらもすみませんと声をかけるチャンスを失った。
それでひたすら続く悪態に流石に
(ノックをしなくて悪かったな~。
でもそっと分かんないぐらいに確認したのだしそれぐらいいいではないか)
と、心の中で応戦した。
で、しばし開くのを待ってみたがなかなか開かない。
しかもずーっとぶつぶつぶつぶつ文句を言っている。
なかなかの性格のご婦人が御用をお足しらしい。
そのうちふと気がついて、そういえば塞がっていると思っていた隣の個室も一向に出てゆく気配がないなと思い、またしてもそっと取っ手を引いてみると開いたので
(なんだ、このトイレの表示は本当に分かりづらいな)
と思いつつ空いていた隣の個室に入った。
暫く隣のばあさん。。。もといご婦人のぶつぶつは続いていたが
いつの間にか出て行ったようで
ぶつぶつお婆さんには会わずじまいだった。

で、その次の検診のとき、またしても用足しで同じトイレの真ん中の個室に陣取っていると、前回と同じ隣の個室からいつの間にかぶつぶつと文句を言う声が聞こえてきた。
(お~、先日と同じ婆様じゃw今日も攻撃的にぶつぶつ文句を言うておるのww今日のお題は何だろか。それにしても奇遇だw検診日とトイレのタイミングがまるで同じとはwwしかも今回もバリバリに文句を言っているし)
と苦笑しつつも文句の内容には興味がないので聞き流していたが
相変わらずずっとぶつぶつ言っている。
暫く隣でぶつぶつ言っていたが(私もやんごとなき事情で長居をしていたのだこの時はw)そのうちに音と気配がしなくなったのでいつの間にか用を足し終えて出て行ったようだ。
その日もぶつぶつ婆さんの顔は見ずじまい。

「と、言う事があったのだよ。面白い偶然もあるものでww」
と、本日の検診で、父も同じ病院に通院しているので車で一緒に乗せてきてくれた妹に言うとケロリと

「ああ、いるよ。あそこ。」

とな。
霊感の強い妹がこう言う言い方をする時はそちらの方って事である。

「えーそっちの人かよ!!笑
そういやいつの間にかいなくなるんだよね。
言われてみれば確かになんか変と言うか、
でもしっかり「声」として確認できていたからなぁ。
いやーちっとも気がつかなかったww(←気づけよ)」

と私が苦笑すると妹は
「うん、その人のぶつぶつ私も聞いた事があるもの。
あのトイレによくいるよその人。
大体あのトイレに向かってこっちから道があって(と指を差し)
分からない?ほら。あるじゃん。天の川みたいな感じ(そんな綺麗なもんじゃないけど流れと言うか形はそんな感じという意味でおま)で、そこが吹き溜まりになっていて居心地が良いらしくてあそこは沢山いるんだよね。
色んなのがいるわ。
ほら、前に子供を拾ったのもあそこのトイレだし」
と教えてくれた。

あー、はいはい。そんな事を言っていたなぁ。
その時も父の付き添いの妹と検診がある私は別行動で、私の検診が終わったので
妹を探さねばと思いつつトイレの個室から出ると妹がそこに私を迎えに着たので

「広い大学病院の外来ゾーンの中をよくぞ見つけるものだわな」

と感心すると、妹は

「うん、子供が、お姉さんはここにいるよって教えてくれたから」

と言う。
聞けば先週同じトイレで鏡を見ているときに鏡に映る女の子と目が合って
にこりとかえしたら消えちゃったそうで、ありゃこれはやばいと思ったら案の定家までくっついて来ちゃったので

「じゃあ次の病院の検診の日までは一緒にいてもいいけど、
病院に行ったら離れてね」

と、説得したのだそうな。
で、そのお礼に私の居場所をその子が教えてくれたので
直行私のところへ来れたそうな。

うーむ。
まぁ妹はよくこう言うことがあるのでこちらもああそれでか、という感じだったんだけど。

それにしても死んでもあんなにぶつぶつ言う婆さんもなんと言うかこう、
文字通り「浮かばれないなぁ(^-^;)」と言う感じ。

と言う事で(どう言う事だ)今日は大学病院へ行き
問題の歯を抜いてまいりました。
やっぱり、最初の診断は誤診で、手術入院する事無く後は来週の抜歯で無罪放免だそうであります。

と言う事で来週も病院に行くけれど
もうあのトイレには行くまい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

病院のトイレは生理的に行きたくはない気分が強い。
でも生理的に行かなくては厳しい状況に曝されることも実は多い。
呼ばれるのかな。

No title

そりゃあそれこそただの生理現象だと思うけどさーw

でもやっぱり、病院のトイレって暗いところ多いよね(^^;)
プロフィール

みーや

Author:みーや
主に時代物、時代官能系を描くイラストレーター。
ペンネームは「とやまみーや」

仕事の様子など、普通に日常の日記や漫画。
A型なんだけれど生き様はほぼアバウトなのだ。
なので日記の更新も、アバウト……。

三浦誠衛流居合道3段
江戸検定2級

日本文芸家クラブ理事
日本出版美術家連盟会員
日本漫画家協会会員
歴史時代作家クラブ会友

とやまみーやのホームページはコチラ
(リンクからもどうぞ!最近更新してないですけど・汗)
http://omiyaepiqri.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。